4大SNSについてとそれぞれの特徴

4大SNSと言われるLINE、Facebook、Instagram、Twitter。 どれも利用したことがない、という人は少ないのではないでしょうか。

最近では多くの企業が広告ツールとしてSNSを活用しています。
これまでの広告とは違い、お金をかけなくても従来のものより効果が期待できます。

効果的に利用していただくために、今回は4大SNS特徴を紹介します。

①LINE

プッシュ通知で情報をリアルタイムに確実に届けられる特性を活かし、
大手企業においてはクーポンの配布や、セールや新商品の告知手段として使用しています。
最近は企業アカウントも増え、情報がLINE上で埋もれやすい傾向もありますが、
チラシを配る感覚で情報を流すという意味では有効な販促手段の一つです。
ネット上(オンライン)から、ネット外の実地(オフライン・実店舗)での行動へと促すことに適しています。

②Facebook

Facebookは原則実名登録ため、いいね!に影響します。
あまりにも砕けた内容やあからさまな宣伝内容を投稿してしまうと、
いいね!(拡散)してもらえないケースもあるので注意が必要です。
真摯さ、有益性を意識しながらの投稿が有効といえます。
広告オプションも豊富にあり、ミドル・高齢層ユーザー率も高いので、
ビジネスツールとしての利用がおすすめです。

③Twitter

実名登録しなくて良いオープンなSNSのため、番組などの実況に最適です。
Twitterの場合、リツイート機能によって、友達という枠を飛び越え、
一切関わりのない人のところまで情報を拡散することができます。
その高い拡散力を活かし、企業はハッシュタグ応募キャンペーン等で利用しています。
また、リプライで直にコミュニケーションを取り、相談窓口として使用している企業もあります。

④Instagram

画像コンテンツに特化したSNSで最近では動画の配信も可能になりました。
ライフスタイル全般にわたり、おしゃれに敏感なユーザーが多く、企業はブランドアピールに利用しています。
Instagramの場合は、『店舗・企業・ブランドの世界観を打ち出せるか』が集客効果を発揮するか否かの決め手となる場合が多く、自身の店舗・企業のコンセプトがおしゃれ感や特異性(独特な世界観)を打ち出すことができます。

SNSにはそれぞれの特徴やクセがあるので、集客ツールとして使いこなすには慣れも必要です。

まずはお気軽にご相談ください