SNSライティングについて

記事コンテンツを決める際のポイントは主に3つです。
ターゲット(読んでもらいたい相手)を決めること、タイトルをつけわかりやすく書くこと、
記事コンテンツのコンセプトを3つほど決める、以上の3点です。

こちらの留意点として、売り込み色を弱めること、専門用語などに配慮すること、裏情報を掲載すること、読者とのコミュニケーションを高めるコンテンツを意識してみることなどが挙げられます。

次に、SNSライティングの良い例と悪い例をご紹介します。

SNSライティングの良い例の特徴

タイトルを読むだけで全容が把握でき、文体が企業の色とマッチしていること。
意外性とリアリティーに富んでいて楽しめる、もしくは勉強になる内容を含んでいる。
1分程度で読める字数(600文字以内)にまとめられている。

SNSライティングの悪い例の特徴

文章量が極端に少ない、もしくは多く、表現が硬すぎるもしくは砕けすぎている。 情報のソースが曖昧になっていたり、要約すると“企業自慢”になっている。 タイトルを読むだけでは全容が把握できない場合や全く関係ない内容になっている。



SNSライティングをするにあたって、もっとも重要なのが「見出し(タイトル)」です。 見出しで心をつかむことができなければ、本文を読んでもらうことが出来ません。 頑張って書いた文章でも、見出しが悪ければスルーされてしまいます。 したがって、webライティングでは「見出しを作ることにエネルギーを注ぐべき」といわれています。

投稿をする前に

・売り込みの強い表現になっていないか?
・初めて見る人に分かりにくい単語を使っていないか?
・人柄や想いが伝わる内容になっているか?
こちらのポイントをチェックして投稿をしましょう。

SNSライティングでの良い例をしっかりと取り入れ、悪い例のようなライティングをしないように心がけましょう。 少し気をつけるだけで多くの人に読んでもらえる、共感してもらえるようになりますので、効果的なSNSマーケティングをしていただけるのではないかと思います。

まずはお気軽にご相談ください