「プロジェクトがうまくいく」こと以外にも
多くの付加価値を生んだ

株式会社ダイヤモンドファンタジー
小川愛夕美さん インタビュー

2018.3.20

小川愛夕美さん
株式会社ダイヤモンドファンタジー



田中千晶
株式会社BES 代表取締役

株式会社ダイヤモンドファンタジー

株式会社ダイヤモンドファンタジーでは、女性のためのモニターサイト【PROMO】
フリーランスエンジニア向け情報サイト【HORNO】を運営しています。
ITソリューションにおいて、多くの企業様およびユーザ様に満足していただける自社サービス、受託開発、技術者派遣サービスを展開中。
PRマーケティングの分野では、お客様の課題をワンストップで解決するための様々なサービスを展開し、 常に時流・ニーズをキャッチし、求められた価値を提供し続ける企業を目指している今注目の企業です。

SES事業を展開する株式会社ダイヤモンドファンタジーが手がける「エンジニア&クリエイターの求人・案件情報サイト」のHORNO[オルノ]のサイトリニューアルのコンサルの依頼を受けました。
今回はその中でもプロジェクトの中枢を担っている、小川愛夕美さんにお話を伺いました。

サイト制作プロジェクトに初めて任命されたという小川さん。
このプロジェクトを通して、自分自身が得られた経験値や、会社における自分の役割、思いがけない付加価値など、女性社員としての観点からインタビューしました。


エンジニア向け求人情報サイト
HORNO[オルノ]


案件検索画面

サイトを作る=家を作る

「入社間もない私は不安でいっぱいだった。毎週の定例面談の度に『私ですか?』と嘆いていた」と語る小川さん。

まず、ターゲットとなるユーザーを知ることから始め、普段はあまり話さない社内にいるエンジニアの方々と休憩時間に歓談したり、ランチに一緒に行ってコミュニケーションを図ったそう。自分とは全く違う考え方に触れることによって、少しずつユーザーに近い気持ちを汲み取とることができました。

「自ずと、ユーザーの入り口からゴールまでの道筋をしっかり辿っていかないとうまくいかないことを実感しました。サイトにおけるデザインの意味、画面遷移を理解していくことができた。」と小川さん。

ここで生まれたことが、社内の雰囲気の変化という付加価値。女性社員である小川さんは社内では圧倒的なマイノリティー。普段は出勤してから退勤するまで、パソコンとにらめっこしていて一言も話すことのないエンジニアスタッフと話す機会ができ、双方に良い空気が流れたようで、「社内が家族みたいな一体感ができた!」と楽しそうに語ってくれました。

田中:「小川さんの中でサイトの見方で大きく変わったことってありますか?キャッチコピーやバナーデザインについてなど。」

小川さん:「今までサイトを見るときには特に感じていなかったんですが、このボタンがなぜここにあるのだろう?とか、なんでこの色なんだろう、この流れなんだろうっていうのが自然と疑問に思うようになりました。なので、凝り固まっていた自分の思考を一度取っ払って、自分を俯瞰してみることを心がけました。」

田中:「全ての根本はテキストなので、テキストを起こす力がついてくるとすごく良いですね。小川さんは初めに比べるとだいぶその力がついたと感じてます。」

小川さん:「私はどちらかというと女性脳ですが、エンジニア部長の山下さんは完全に女性脳。優しくて、エンジニアの気持ちをしっかり汲み取ってくれているので、山下さんがいてくれて本当に私は助かりました。」
田中の目から見ても、小川さんの力がついているのは明白でした。

そうなると小川さんはどんどんエンジニアの仕事に興味をもち、今ではエンジニアの専門言語だったり働き方についても社内で話すようになったそうです。

女性エンジニアの規模拡大!?

「業界に女性エンジニアの需要があることを知り、以前募集をかけたことがあるのですが、難しかったです。やはり男性20人のところに1人女性がいるというだけで空気が変わります。皆さん職場環境に耐えられず、やめてしまう方が多いみたいで、エンジニアとして働きたいという思いがもったいないですね。
折角、女性の私が任されているのだから、なんとか女性エンジニアが活躍できる環境を整えていきたい!」と小川さんは熱く話してくれました。

今回のサイト作りはもしかしたら新しい市場作りになりうる。
女性がエンジニアとして活躍できるためには、まだエンジニアになったことのない人を教育しながら業界の環境を変えていけるかもしれない。
「今後は女性限定とか、未経験女性エンジニア募集!教育制度あり!」などの企画も面白そうですね」とトークが弾みました。

現場で働くエンジニアへの熱い想い

社内には現場エンジニアをサポートするコンサルタントが数人いらっしゃいます。
皆が口を揃えて言っていたのは、「四六時中、エンジニアの働きやすい環境について考えいてる」ということ。
小川さんもこの事実に感銘し、すこし声を震わせながら話してくれました。

それぞれのコンサルタントが役割をしっかり担ってくれている。
一人は責任感が非常に強くチームワークが必要なこの仕事において、リーダーシップを発揮し、うまくまとめてくれている。
一方では、入社1年半で急成長し、多くのエンジニアから慕われている若手優良株。

「今回、田中さんと仕事を進めていく中で、サイト構築だけではなく、社内の人と深く関わる機会ができて社内の雰囲気がすごく良くなったので、本当に感謝しています。」と小川さん。

もっとこうだったら!今後はこうしていきたい!

田中:「プロジェクトを進めていく中、もっとこうだったらよかったと思うことありますか?」

小川さん:「社歴のせいにはしたくないですが、ミーティングなどで強く発言できなかった。それが原因で、ディレクションが滞ってしまいもどかしい思いを何度もしました。そんなときに田中さんに相談できて本当によかったです。あとはWebについての知識的なことが非常に乏しかったので、Web用語辞典が友達でした。こんな私でも知識を付加してくれるツールがあったらいいなと感じました。」

田中:「今後サービスをどう成長させていきたいですか?」

小川さん:「とにかくサイトコンテンツを充実させていきたい。そしてデータをとり、実績を作りたい。大きなサイトではないので、すぐに目立ったりはしないけど、ユーザーのニーズをしっかりと掴んだ、必要な人に必要とされるサイトにしていきたいです。
先々には業界でしっかりとポジションを確立していくことが目標です。例えば女性エンジニアに向けて美容やコスメに特化していくことで『女性を束ねるのに長けているサイト』という位置づけになったりしたら面白いんじゃないかなと思います。」

最後に・・

「このプロジェクトを通して、勉強しながらとても楽しく仕事をすることができました。初めは不安ばかりでしたが、一歩を踏み出してよかったと思っています。この環境を与えてくださった井上代表、協力してくださったエンジニア、コンサルタントのみなさん、田中さんには本当に感謝しています。」

最初の一歩を踏み出せた小川さんのプロジェクトへの思いが、周囲の人に影響を与え、「プロジェクトがうまくいく」こと以外にも多くの付加価値を生んでいます。
常にゴールへの方法を考えて、行動していくことはどの立場の方にとっても非常に大切ではないでしょうか?

まずはお気軽にご相談ください