ユーザーの立場に
本当に立てているか?

コンセプトを固めることの重要性

株式会社エンライズコーポレーション
広報・マーケティング室室長
當麻優さんインタビュー

2018.3.20

當麻優さん
株式会社エンライズコーポレーション
広報・マーケティング室室長



田中千晶
株式会社BES 代表取締役



「IT業界に必要不可欠なサービスの提供」を掲げ、IT資格学習サイト「techhub(テックハブ)」、ITエンジニア養成機関「enrise Acadmy(エンライズアカデミー)」といった、ITエンジニア育成サービスを提供してきた、株式会社エンライズコーポレーション(ENRISE CORPORATION INC.)のWebマーケティングにおける事業展開を図るため、コンサルティングを実施しました。


techhub(テックハブ)


enrise Acadmy(エンライズアカデミー)

今回は事業拡大の中枢を担う広報・マーケティング室室長の當麻優さんにお話を伺いました。

當麻氏:「こういったインタビューは“する側”は経験あるんですけど、“される側”は初めてなんですよね。」と慎重な語り口で話してくれました。

ユーザーの立場に本当に立てているか?

今回のコンサルティングは“IT企業・ベンチャー起業に特化した就職・転職支援サービス”のITCE(IT CAREER EXPO)にいかにユーザーを巻き込んでいけるかが、課題としてありました。

田中:「今回アドバイスさせてもらって、一番よかったことって何ですか?」

當麻氏:「一番はサービスを提供する側として、ユーザーにいかに響くか、役に立つかを論理立てて僕自身がしっかりと考えるようになったことですね。『自分だったら』とか『何となくこっちの方がいいんじゃないかな』を一切なくして、自分の思考を入れないように『ユーザーにとってどうか!』を最優先にして考えられるようになりました。社内のデザインチームの担当にも同じ考えを落とし込んで進められました。」

田中:「広告に対しての知識的なプラスはありましたか?」

當麻氏:「ユーザーの動き、心理を分析して計測ができて目に見えるって面白いですね。田中さん含めBESのスタッフさんからのアドバイスで計測する面白さがわかりました。
こうなってくると、費用に対して最大限の成果を出すにはどこを修正していったらいいのか、難しい条件の中でもいかに予算に対してプラスが出せるかがポイントになってきますね。この考えを持てたことがすごく良かった。今はまだ勉強段階ですが。」

Webマーケティングで活用できるツールはたくさんあり、その中から今の状況に合わせ、向かいたい方向を決めたとき、どのツールを活用するのが効果的なのか見極めることは非常に大切であり、またそのツールを最大限生かすこともまた重要です。

田中:「BESの取り組みによってサービス自体が事業展開していくだけではなく、今後は携わった方々がその道のプロになっていってほしいと思っています。」

當麻氏:「得た知識、経験、考え方を他サービスや今後の会社のブランディングやプロモーションにも生かしていきたい。」

コンセプトを固めるということ

Web上でのプロモーション、広告の戦略を練って展開してくのはもちろん大事。しかしその戦略を立てる前に、そもそものコンセプトやビジネスモデルをしっかりと固めた方がいいと思うときもあります。

田中:「御社社内で展開している他の事業との情報整理をしていく段階かもしれません。それぞれの特徴をどうまとめていくか、今後それがプロモーションの価値を高めていくんだと思います。」

當麻氏:「そうですね。いつも行き詰るのは社内の事業コンセプトが固まりきれていないことが原因である気がします。もっと自分自身の中でも固めていく必要があるかなと思います。」

田中:「當麻さん、確実にユーザー目線になってます!なので今後は事業コンセプトと着地点がしっかり固まれば、どのサービスも格段に伸びていきますよ。
今後は、ビジネスモデルの部分についてBESが入っていければと思ってます。今考えているビジネスモデルがあれば、社内のスタッフでフィードバックしてご提案していきます。」

本当の原因を見つける

ITCEにおける本当の意味でのコンバージョンを考えると、Webで集客をしてセミナーに参加してもらうことがゴールなのでしょうか?いや、そうではありません。
セミナーに参加した方が、この情報・経験が自分に必要であると判断して、申し込みに至ることが本来のゴールであるべきです。(もちろんその先にはユーザーのサポートをしっかりしていくということも大切です。)
ゴールまで至らない原因はどこにあるのでしょうか?

當麻氏:「いくらFacebook広告のコンバージョンがあがっても、セミナーに参加してくれた方にきめ細やかな接客や情報提供ができていないと意味がない。その部分をもっと改善していかないといけないと感じました。クオリティを維持したままスピード感をあげていかないといけないですね。」

最後に

田中:「BESに対しての評価はどうですか!?」

當麻氏:「初めは、知識不足でどう会話していったらいいかわからなかった。最近は学びが進んでやっとBESのスタッフさんと会話ができて、スタートラインに立ったかなと。」
と笑いを含ませながら話してくれました。

當麻氏:「一情報に対しての見方、ユーザー目線が持てたことが大きい。『自分だったらこうだろうが』が強かったですね。根本的な意識が変わったのでサービスの向上とは別のもっと大切な部分の付加価値が付いてきてとても嬉しいです。今後成果を出したい。」



今後は、ITと英語学習を融合した学べる場を、海外を拠点に画策しているエンライズコーポレーション。

當麻氏を中心とした事業展開に今後も注目していきたいと思っています。

まずはお気軽にご相談ください