画像の編集スキル・
投稿のルール付けスキルなど
SNSの投稿レベルの向上ができた

株式会社グッドフェローズ

2018.3.20



今回、当社がSNS運用コンサルティングしていたグッドフェローズ社を訪問し、運用担当者にその後の運用状況や当社のコンサルティングに関する意見などお話をうかがいました。


電気・ガス料金の比較切替サイト
タイナビスイッチ

フェイスブックの運用について

現在の運用は週2回、月曜と木曜の午前8時に、2人交替で投稿を行っています。そしてフェイスブック広告は1回2000円でターゲティングを主婦層、子持ち層に向けて広告を毎回行っています。その中で気付いた点として、投稿によってエンゲージメントに差があることが分かりました。記事内容が実践的なものや実践法などの投稿はエンゲージメントが高く、逆に新しい価値観を伝えることや時間の話題などは、エンゲージメントが低い傾向であることがわかりました。

運用で変えた点として、当時のアドバイスでは画像を添付するよう指導を受けていましたが、実際に運用をしてみると画像をクリックされることの方が多く、リンク文がクリックされていない可能性があると判断をし、URLの直張りに切り替えました。
また、記事のトップ画像を使用することでFacebook広告の文字数20%制限に引っかからなくなりました。常時計測は行なっていないのですが、この施策により最近では2万リーチの流入があり、以前よりも盛り返したリーチ数を維持できています。

今回のコンサルティングで感じたメリットとして、「画像の編集スキルが向上したこと」だと思っています。画像やイラストに挿入する文字の見やすさなどを考慮するようになりました。これまではSNS運用チーム内に画像編集のスキルを持つメンバーはいなかったのですが、第三者に確認していただくことにより画像編集の重要性に気づくことができ、メンバーのスキル向上に大変役立ちました。


タイナビスイッチfacebookページ

ツイッターの運用について

当時のコンサルティングの中で、タイナビスイッチのツイッターにおいて毎回投稿に関するよくない部分を指摘してもらうことで、色使いやインパクトのある印象など投稿レベルの向上に役立ちました。

具体的には画像に関するアドバイスで投稿画像の色合いについての指摘が多かったので、原則として使う色は3色をベースと決め、写真でも図でも色が多くならないように工夫しました。これによって反応もよくなってきたと思っています。

さらにツイッターの広告に関するアドバイスの効果は、現段階においても試行錯誤しているところなので、はっきりとは言えない状況ですが、よかった点としてはターゲティングの指標やターゲット設定などルール付けについてのスキルが身についたと思います。そして広告の方向性として女性をターゲットにすることは変えずに、今後はその中で細かくカテゴライズして広告をだしてみたいと思っています。


タイナビスイッチtwitter

他に、当時フォロー数を増やすために行っていたキャンペーンを現在は行っていないのですが、当初はスイッチ道場みたいにゲーム感覚で、ユーザーとの距離を縮たりしてファン数を増やそうと考えキャンペーンを行っていましたが、難易度が高く参加者少ない状況でした。この状況を打破するためにキャンペーンに関するアドバイスの中で他社の事例などを見せてもらい、参加率をあげるためにはかなり簡単にしないといけないことを理解できました。

具体的には、「写真大喜利」であったものを、簡単な「間違い探し形式」への変更や、最終的にはリツイートがユーザーにとっては簡単で参加数を増やすことができました。ところがフェイスブックではこのリツイート形式のキャンペーンは難しいことがわかりました。簡単なシェアでも3人ぐらいしか参加がなく、これはSNSの特性に違いがあるのではと感じました。

また、タイナビ発電所のツイッターではタイナビスイッチのように広告が使えなくなってしまったので、普通の投稿でのフォロワーの獲得は難しい状況でした。しかしながらアドバイスによって投稿の書き方などタイナビスイッチと同じような形で投稿することで、他社と比較しても引けを取れない投稿レベルに達したと思っています。

インスタグラムの運用について

現在は、採用で運用していたインスタグラムは止まっています。しかしながら当初宴会写真とか見栄えもよくなかったのですが、アドバイスによってインスタ担当も採用向けの方向性の間違いに気づき、写真1枚を撮影する際に光の差し方とか色合い色調の統一や投稿カレンダーを作って事前準備して投稿することやハッシュタグをたくさん付けるなどいろいろと役立ちました。その結果誰がみているかも把握でき、いいね数やエンゲージメントも上がってきてフォロワーを増加させることができました。

BESへの要望事項

今回のコンサルティングを通じて、次に挑戦していきたいこと、さらに深めていきたいことをお伺いしました。

・SNSの効果測定が難しいので、測定方法も学んでいきたい。
・ハッシュダグ付けが難しいので、文章中に入れるのが効果的か、末尾にまとめて入れるのが効果的なのかを計測していきたい。
・指摘された投稿内容やブランディング方法を他社事例と比較し、どのようにタイナビスイッチへ展開していけるのか考えていきたい。
・もともとスキルや発想力がないメンバーで運用しているため、順番は前後するかハウツー講座を一度受けてみたい。
・上司から成果として「ホームページへの誘導数」を求められるので、ホームページへの誘導数をゴールとした施策を考えていきたい。

今後のグッドフェローズ社のSNS運用の方向性

会社の方針変更で一般向けのタイナビスイッチはリニューアルをペンディングすることになり、タイナビ発電所に注力、投資家をターゲットとして重要視する方向となっています。

これにより投資家の会員登録獲得がメインとなり、幅広く囲い込みたいと考えています。これを実現するため、現在はフェイスブックの運用は止まっていますが、フェイスブックでは広告が出せることや、フェイスブックユーザーの方が投資家にアクティブかもしれないのでセミナー集客・誘導策として営業と密に連携してフェイスブックで投稿運用するべきかもしれないと思っています。

また、社内体制の課題として運用チームに物件情報が入らない状況なのですが、フェイスブックで投資に関心度高い人をターゲティングして他社のLPや投稿を参考にしながら広告展開していきたいと考えています。

まずはお気軽にご相談ください